掛川の深蒸し茶は安全です
今回の放射能・セシウムに関して、皆様にご心配とご迷惑をお掛けして大変申し訳ないと感じております、幸い下記の検査結果の通り掛川茶は安全でございます。お茶の香織園では日頃から、美味しくて安全なお茶作りに励んでおります。お茶の葉や草・樹木の皮などを3−4年かけて作った堆肥や有機質肥料を中心とした設計、更には低濃度・減農薬に務めております。お茶の香織園は農家ですので他からお茶を仕入れることはございません、我が家は家族8人です、孫たちも美味しいねと毎日飲んでいます。

安全安心で美味しい掛川の深蒸し茶をこれからも宜しくお願いいたします。
静岡新聞 6月20日掲載    ためしてガッテンで紹介されてから多くの方々に掛川の深蒸し茶が飲まれています
掛川市内の荒茶工場の検査結果です。
いずれも暫定規定値を下回り安全が確認されました、安心してお飲みいただきたいと思います。
2番茶の生葉の検査結果です、荒茶については32工場が出揃う月末に検査されます。
静岡の藁科地区・本山茶から規定値以上のセシウムが検出され、フランスに輸出された静岡茶からも検出との報道がございました、静岡のこの地区は南アルプスの麓で、気流がたまりやすいのではないかと思われます。幸いにして掛川は粟が岳と小笠山、3−500mの山があり、気流が海の方向に流れやすいのではと思います、春先の凍霜害も他地区に比べて軽くてすみますが、これも気流が流れていればのことです。
5月13日に採取された結果です、静岡県ではすべての産地においてセシウムは下回りました、
中でも掛川の測定値は低く、安全性が確認されました。