お菓子アラカルト  黄色い花  



抹茶クリーミークッキー

レシピ名=抹茶クリーミークッキー
材料=・薄力粉 180g
・抹茶 10g
・砂糖 100g
・バター 60g
・クリームチーズ 140g
・卵黄 1個
・レモン汁 適量


調理方法=■作り方
@薄力粉と抹茶は合わせてふるっておく。バターとクリームチーズをボウルに入れ、泡立て器でクリーム状に練り、砂糖を加え、白っぽくなるまで さらに混ぜる。
A@に卵黄とレモン汁を好みで適量加えて混ぜる。
B薄力粉と抹茶を加え、ゴムべらでさっくりと混ぜる。
C搾り出し袋にBを入れ、お好みの形になるようにクッキングペーパーを敷いた天板に搾り出してゆく。
D180℃に予熱したオーブンで20分焼いたら出来上がり。

クッキーと金時パンのレシピは札幌の黒館様から頂きました

   宇治金時パン

レシピ名=宇治金時パン
材料=・強力粉 250g
・砂糖 30g
・抹茶 大匙1
・スキムミルク 大匙1
・ドライイースト 小さじ2
・牛乳 150g
・卵 M1個
・バター 30g
・甘納豆 100g
調理方法=@ボウルに強力粉、砂糖、スキムミルク、抹茶、ドライイーストを入れ、箸でぐるぐるかきまぜる。
A(こね)牛乳と卵を混ぜ合わせたものを@に加えて箸で混ぜ、全体がまとまってきたら打ち粉を振った台の上に取り出して滑らかになるまで手でこねる。
B生地に固いままのバターを混ぜ、手の指で押しつぶすようにしながら生地になじませ、再び10分ほど生地が滑らかになるまでこねる。
C(一次発酵)ボウルにBの生地を入れ、ラップをかけて40℃の温度で30〜40分ほど発酵させる。生地が2〜2.5倍の大きさに膨らんだら発酵終了です。
D(成形)生地をスケッパーまたは包丁で6等分し、手のひらで押して平らにし、甘納豆を包み混んで丸く形を整え、クッキングペーパーを敷いた天板の上に並べていく。
E中央に甘納豆をひとつぶ埋め込み、そこから外側に向かって包丁で5箇所に切り込みを入れる。
F(二次発酵)一次発酵Cのときと同じように生地が2〜2.5倍の大きさになるまで発酵させ、はけでとき卵を塗ります。
G180℃のオーブンで20分焼いたら出来上がり。



茨木の嘉藤田様から頂きました

レシピ名=緑茶のシフォンケーキ(17cmシフォン型使用)
材料=卵黄(M〜L) 3個 砂糖      30g
サラダ油    30cc    水       35cc
緑茶(砕いたもの) 10g 小麦粉     70g
卵白(M〜L) 4個     砂糖      30g      
調理方法=@ 卵黄と砂糖30gをボウルに入れて白っぽくなるまで混ぜる
A @にサラダ油を入れ混ぜ、水・緑茶(砕いたもの)をいれて混ぜる
B 小麦粉をふるいながらいれよく混ぜる
C 別のボウルに卵白をいれて角が立つまで混ぜてから砂糖を二回に分け入れる
D BにCのメレンゲ(卵白を泡立てたもの)を3回に分けて入れ混ぜる(泡を消さないようにゴムベラで切り混ぜる)
E 型に高い位置から生地を流しいれる
F 180℃のオーブンで30分焼く
G 焼けたら生地がしぼまないようにビンなどにさかさまにしてさして冷ます
H 冷めたら切り分け好みで生クリームを添える
  (泡立てた生クリームに抹茶を少量の水で溶いたものを混ぜた抹茶クリームを添えても○)

お茶クッキー
           お客様からレシピ頂きました



材料
バター 100g   砂糖  100g   卵 1個   小麦粉  200g
抹茶 小さじ2    粉茶  大さじ1   お茶  適量(飾り用)

調理方法
1 バターと小麦粉、砂糖 卵をクッキーを作るように作る。
2 できたものを半分に分ける。
3 一方の方に抹茶を、もう一方の方に粉茶をまぜる。
4 適当に型をつくり、上にお茶をおく。
5 180度のオーブンで10分程度焼く。

※お茶パックに入っているお茶は粉っぽくなっているものが多いため、パックを破いて利用しました。



抹茶と甘納豆ロールパン
お客様からレシピ頂きました


材料
強力粉 240g・薄力粉 60g・イースト6g・砂糖 30g・塩 5g
・卵 24g・生クリーム 15g・牛乳 180g
お茶粉末 6g・バター 24g
甘納豆 100〜200g

調理方法
1、ホームベーカリーで1次発酵までします。
2、ガス抜きして丸めて20分ベンチタイム
3、成形 甘納豆を巻きます。
  (表面は、パン生地だけにします。甘納豆が顔お出すと焦げます。)
4、仕上げ発酵 30分
5、卵を塗って180℃で20〜25分焼きます
6、仕上げに粉糖と振る。

hpの感想
健康にも美容にも満点のお茶に興味津々の私です。
食事にも取り入れたくって悪戦苦闘中です。
レシピ応募と美味しいすなお茶の情報に友達にも広めてゆきたく思ってます。

           

 

抹茶を使った簡単和菓子

うぐいすあんロール 栗あんロール

           


[材料] <18cm×12cmくらいの容器で2つ分>

 生地  白あん      80g

     卵(Mサイズ)   1個

     小麦粉    小さじ2

     砂糖     小さじ2

     抹茶     小さじ1

 あん  うぐいす・・・うぐいすあん   80g

     栗あん・・・栗の甘露煮(渋皮煮) 2個    白あん70g

[作り方]

@    生地を作る:白あんに卵黄・抹茶・小麦粉を良く混ぜておく。

A    卵白を固く泡立て、途中で砂糖を加えてメレンゲをつくる。

B    @にAを加えてよく混ぜる。

C    電子レンジ用のタッパーなどにラップを敷き、Bの生地を流して、ラップで蓋をし 、電子レンジで2分加熱する。

D    容器からラップごと取り出し、蓋をはずして巻きすの上に置いてさます。

E    Dの上にあんを塗り広げ、ラップごと巻いて、巻き終わりを下にしておく。

F    冷蔵庫で冷やしてなじんだら、切り分ける。

 
*栗あん:白あんに栗を切って混ぜ込んだもの。

 小豆あんでも同じように作れます




お茶の葉を使ったケーキ

 

緑茶チーズ 

       パン代わりになりそう

【作り方】

  • 緑茶の葉を細かくし,牛乳をふりかけておく。
  • やわらかくしたバター,クリームチーズ,砂糖を練り合わせる。
  • 卵を1個ずつ入れて混ぜる。
  • アーモンドパウダーを加えて混ぜ,次に緑茶の葉も加えて混ぜる。
  • 薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるいながら入れ,サックリと混ぜ合わせる。
  • 紙を敷くか,バターをぬって粉をはたいた型に流し入れる。
  • 170℃に温めたオーブンで40分くらい焼く。
  • 型から抜いて冷ます。

【材料】

18cm丸型

・ 薄力粉 150g   ・ 卵   2個

  • 牛乳   大さじ3  ・ 砂糖  150g    
  • クリームチーズ  120g        
  • ベーキングパウダー  小さじ 11/2
  • 無塩バター 80g             
  • アーモンドパウダー 50g  
  • 緑茶の葉  大さじ2

小倉抹茶ロール

          ほろにが和風ケーキ

 

【作り方】

  • 全卵を湯煎にかけながら泡立てる。途中で砂糖を加え,湯煎からはずし,トロリとあとがつくくらいまでしっかり泡立てる。
  • ゆであずきを混ぜ,木べらに持ちかえて,ふるった薄力粉と抹茶を入れ,サックリと混ぜる。
  • 溶かしバター,牛乳をへらで受けながら入れて混ぜる。
  • 手早く紙を敷いた天板に流して広げ,170〜180℃に温めておいたオーブンで15分くらい焼く。
  • 焼けたら紙ごとはずし,別の天板などをかぶせて冷ます。
  • 生クリームに砂糖を加えて固く泡立て,湯で溶いた抹茶を混ぜ,ケーキに塗って巻く。
  • ラップなどで包んで,冷蔵庫で冷やし,落ち着かせてから切り分ける。

【材料】

25cm1本

・ 卵 2個        ・ 砂糖 40g

  • ゆであずき(かんづめ) 50g
  • 薄力粉 60g     ・ 抹茶 小さじ1
  • 溶かしバター 10g  ・ 牛乳 20g
  • 生クリーム 150cc ・ 砂糖 20g
  • 抹茶 小さじ2(湯小さじ2で溶く)




レアーチーズケーキ

レアチーズケーキ

【材料】 (18cmセルクル 1台分)            

 台のスポンジ
卵白        2個分
砂糖        30g
薄力粉       30g   
牛乳        大さじl

 チーズクリーム
クリームチーズ  200g
生クリーム    200g 
牛乳       200cc
砂糖        90g
卵黄        2個分
粉ゼラチン    大さじ2
水         60cc
白ワイン      30cc(水でも可・お好みで)
レモン汁・レモンの皮のすりおろし  各1/2個分 

【作り方】

  • スポンジを焼く
  • オーブンを180度に温めておきます。
  • 型にバターを塗り,天板にオーブンシートを敷いておきます。
  1. 卵白に砂糖を少しずつ加えながら硬く泡立てます。
  2. ふるった薄力粉を加え,さっくりと混ぜ,牛乳も入れて軽く混ぜます。
  3. 用意した型に流し,表面をならしてオーブンで10〜15分焼き,網にとって冷ましておきます。
  • チーズクリームを作る
  1. 分量の水で粉ゼラチンをふやかしておきます。
  2. 卵黄に砂糖の半量をいれ,白っぽくもったりするまですり混ぜます。
  3. 室温で柔らかくしたクリームチーズをボールに入れてよく練ります。(レンジで30秒ほど温めてもよい)
  4. 小鍋で牛乳と残りの砂糖を煮溶かし,Aの卵黄に入れてよく混ぜます。
  5. Cを漉しながら小鍋に戻し,弱火にかけてトロリとするまでへらでかき混ぜます。
  6. DをBに少しずつ加えながらよく混ぜます。
  7. ゼラチンを湯せんで溶かし,Eが温かいうちに混ぜます。
  8. 白ワイン・レモン汁・レモンの皮も加えます。
  9. ボールの底を氷水につけて冷やし,とろみがついたら生クリームを加えて混ぜます。
  10. スポンジを敷いたセルクルに流して,冷蔵庫で冷やし固めます。



掛川栗         掛川名産

 店先でりっぱな掛川栗をみつけました。
 ゆでて,切ってみると,それだけで甘い栗の香りがします。味はもちろん極上!
 身近なところに,こんなにおいしいものがあったのですね。

 レシピは,この栗の甘さを考えて,砂糖を10g少なくしてあります。

おいしい栗が手に入ったから
マロンムース


 
【材料】 (約4人分) 
           
ゆで栗の中身   160g
バター       50g
砂糖        20g     
生クリーム     20ml
牛乳        30ml
ラム酒       小さじ1 
塩          少々
生クリーム     80ml
ラム酒       小さじ1
卵白        1個分 
砂糖        50g
水         大さじ2 
 *その他 台にする市販のスポンジや
   バームクーヘンなどお好みで
作り方】
@ ゆでた栗は半分に切り,中身を出し,熱いうちにうらごす。
A 鍋に@・バター・砂糖・生クリーム・塩を入れて火にかけ,混ぜながら軽く火を通したらボールにあけてラム酒を混ぜ,固くなるまで冷やす。
B 生クリームを九分立てにし,ラム酒を混ぜる。
C 卵白を角が立つまで泡立て,ここに砂糖と水をあわせて充分に沸騰させたシロップを一気に加え,さらに良く泡立ててイタリアンメレンゲを作る。(ボールの底を触って熱を感じなくなるまで)
D AにBを加えて軽く混ぜ,Cを2回に分けて加えながら軽くあわせる。
E セルクルに台をしき,そこにDを詰めて上を平らにすりきる。
F 冷蔵庫で冷やして型から抜き,好みでデコレーションする。
 ★ 台を使わず,カップなどで作り,上に8分立ての生クリームをかけてもいい。
  
  *キューピー3分クッキングのレシピを参考に,ムースだけで作りました。




お客様からレシピの投稿をいただきました。

      抹茶のパンナコッタ                 静岡県  S 様より

 【材 料】

  生クリーム     300ml            牛乳        200ml 

  コンデンスミルク   90ml            粉ゼラチン      10 g

  抹茶        大さじ 2             湯         大さじ 1

 【作り方】

  1. 牛乳50mlに粉ゼラチンをふり入れ,ふやかしておく。
  2. 抹茶は湯でといておく。
  3. 残りの牛乳150mlを温め,@を入れて溶かす。 
  4. BにAの抹茶を入れて混ぜ,コンデンスミルク・冷たいままの生クリームを加えてよく混ぜる。
  5. 型に入れ,冷蔵庫で冷やし固める。
    • 好みで,ホイップクリームなどを飾る。
    • 半分凍らせると抹茶アイスのようになる。

      


夏の涼しさ

抹茶羊羹の作り方
 <材料>
糸寒天・・・7.5g  水・・・・・・・550cc  グラニュー糖・・・300g  
白あん・・・660g  抹茶・・・・・2g  熱湯・・・・・50cc  
<作り方>  
1.糸寒天は一晩水につけて戻しておく。  
2.水と糸寒天を鍋に入れて火にかけ寒天を溶かす。  
  完全に溶けたら布でこす。  
3.グラニュー糖と白あんを加え、煮溶かす。
4.さらに沸騰させて煮つめ、あらかじめ熱湯で溶いておいた抹茶を  
  色を見ながら加える。
5.氷水であら熱をとり、型に流して固める。
 *抹茶は固まりのないようにしっかり溶かしておく。  


左 水ようかん 右 抹茶羊羹

抹茶の水ようかん>  
 <材料>
 80cc入り容器5個分くらい  棒寒天・・・1/4本
 水・・・・・・・250cc  グラニュー糖・・・100g  白あん・・・150g  
 くず粉・・・・2g  水・・・・・・・40cc  抹茶・・・・・1g  
 熱湯・・・・・20cc   塩・・・・・・・少々  
<作り方>  
1.棒寒天は1時間以上水につけてふやかしておく。
2.鍋に水250ccを入れ寒天の水を絞り、小さくちぎりながら入れる。  
3.中火にかけ、寒天が完全に溶けたらグラニュー糖を加えて溶かし
  こし器か布(ふきん)でこす。
4.鍋に戻して中火にかけ、白あんを加え焦がさないように木べらで
  ゆっくり 混ぜながら煮る。
5.くず粉を水40ccでしっかり溶いておき、その中に4を100ccほど
  加えて よく混ぜる。
6.5を鍋に戻しよく混ぜる。煮立ってきたら抹茶を熱湯で溶いたもの
  (タマの残らないように溶く。)と塩(味を見て加減する。)を
  加え混ぜ、火を止める。  
7.氷水に当てて混ぜながらあら熱をとる。とろっとしてきたら器に
  流し入れ冷蔵庫で冷やし固める。  
*あら熱が取れる前に器に流し入れるとあんと寒天が分離して
  しまうので しっかりあら熱はとること。     

 糸寒天・棒寒天・くず粉はスーパーなどで売っていますが、
 白あんはなかなか売っていないと思うので、和菓子屋さんに
 分けてもらった方が良いかと思います。1kg800円くらいで
 分けてもらえます。  

 あんから作るのであれば、白インゲン豆1カップ、砂糖150g、
 塩小さじ1/5で400gくらいのあんが作れます。   


チーズケーキ


  簡単レシピ・・・チーズケーキ                                           4月22日     

 <材料> (21cm丸形1台分)

 マリービスケットかグラハムクラッカー・・・100g

 バター・・・・・・40g

 クリームチーズ・・250g

 グラニュー糖・・・90〜100g

 生クリーム・・・・200cc

 卵・・・・・・・・2個

 薄力粉・・・・・・大さじ3

 レモン汁・・・・・大さじ1

 <作り方>

1.ビスケットを細かく砕き、やわらかくしたバターとあわせて型の底に敷き詰める。

2.クリームチーズは室温でやわらかくしておく。

3.チーズをボールに入れ、そのほかの材料を順に加えながらハンドミキサーを                    使ってしっかり混ぜていく。

4.全体が混ざったら型に流し入れ170度のオーブンで50分くらい焼く。 

 

 *グラニュー糖とレモン汁の量はお好みで増減してください。

 





  抹茶クレープ      3月10日

  <材料> (約8枚分)

 薄力粉・・・・70g

 塩・・・・・・ひとつまみ

 卵・・・・・・1個                クレープ下地

 砂糖・・・・・25g

 溶かしバター・・25g

 牛乳・・・・・125cc

   抹茶・・・小さじ2

   砂糖・・・小さじ1

   お湯・・・大さじ1と1/2 

 <作り方>

 1.薄力粉をふるいながらボールに入れくぼみをつくり、塩・卵をいれる。

 2.砂糖も加え、泡立て器で卵をほぐし塩・砂糖とよく混ぜる。

 3.溶かしバターを加え、泡立て器を中央部分だけで動かし、周囲の粉を少しずつ混ぜる。

 4.中央がペースト状になったら(周囲に粉がある状態)牛乳を少しずつ加え
   同じように混ぜていく。粉がすべて混ざったら残りの牛乳を加え全体に混ぜる。

 5.抹茶・砂糖・お湯を混ぜたものを4に加え(加える量は色を見て加減する。)混ぜる。

 6.網でこし、ラップして冷蔵庫で1〜2時間休ませる。

 7.フライパンに薄くバターを塗り、レードル1杯分くらいを薄く広げる。中火で焼き色が
   つくまで焼き、反対の面も軽く焼く。  

 生クリームや、生クリームに粒あんを加えたものなど、お好みのものを塗って重ねたり、巻いたりして出来上がり。クレープを焼くときには1枚焼くごとにフライパンの底をぬれ布巾の上に置いて冷ました方がきれいに焼けます。


桜餅


お菓子一口メモ    3月10日 

 ケーキには紅茶やコーヒーが合いますが、緑茶には和菓子が合います。今の季節の和菓子といえば桜餅があります。
 桜餅には大きく分けて関西風と関東風があり、関東風は小麦粉の生地に色を付けて薄く焼き、あんこを包んで桜の葉で巻いた物で、関西風は道明寺粉を使います。

 道明寺粉は餅米を水にひたしてから蒸し乾燥させてひいたもので、大阪の道明寺で貯蔵品として作り始めたので、この名前が付いたそうです。
 桜の葉の塩漬けも道明寺粉も今ではスーパーなどで手にはいると思いますので、手作りの桜餅でちょっと早い桜の香りを楽しんでみてはいかがでしょうか?


お菓子沢山

抹茶のクッキー

 
 <材料> 

 バター・・・・100g     抹茶のクッキー

 砂糖・・・・・65g

 卵・・・・・・1/2個 

  抹茶・・・・・大さじ1

  砂糖・・・・・大さじ1

  お湯・・・・・大さじ2

 薄力粉・・・・170g

 <作り方>

 1.バターをボウルに入れ、泡立て器でクリーム状にねる。砂糖を
   2〜3回に分けて加えよく混ぜる。

 2.卵も2〜3回に分けて加えそのつどよく混ぜる。

 3.抹茶・砂糖・お湯をあらかじめ混ぜておき、2に加えて混ぜる。

 4.薄力粉をふるいながら2回に分けて加え、木べらでさっくりと
   混ぜる。ほぼ混ざったら棒状にしてラップに包み、冷凍庫で
   1時間以上やすませる。

 5.5mm幅くらいに切り160〜170度のオーブンで
   13〜15分焼く。

   



ケーキについて


いちご

 お菓子作りには 卵・粉・バター・砂糖は欠かせませんが、それ以外にも欠かせないものと言えばまずフルーツがあげられると思います。フルーツにもいろいろあって、ケーキによっては缶詰のものを使うこともありますが、料理と一緒でその季節のものを上手に使っていくことも大切です。

 今、旬のものと言えばやっぱりイチゴでしょうか。イチゴは12月の終わり頃から5月の初め頃まで楽しめます。イチゴ狩りに行きたい!と思っている方もいると思いますが、静岡県小笠郡大須賀町の国道150号線沿いにある「サンサンファーム」はおすすめです。静岡県でイチゴといえば静岡市の久能のイチゴも有名ですが、「サンサンファーム」には地場産品の野菜やお花などもありますので近くにお越しの際は是非寄ってみて下さい。

 イチゴを使ったケーキといえばやはり定番はショートケーキですが、イチゴは見た目も華やかなのでケーキの横にちょっと添えたり、少しお砂糖をまぜてつぶしてチーズケーキなどのソースにも使えます。
 1〜2cm角くらいに切ったスポンジと同じくらいに切ったイチゴ(ほかの果物<キウイフルーツやオレンジなど>も加えても。)、それに生クリームとカスタードクリームを加えざっと混ぜて冷やすだけで「トライフル」というおいしいデザートができます。1度試してみて下さい。

 フルーツを使ったケーキに限らず、おすすめレシピやおいしいケーキ屋さん情報など、ケーキ作りに関する疑問などありましたらお寄せください。


トップへ 料理レシピへ  料理レシピへ お問い合わせ